防犯カメラ関連ニュース

更新日:

2019年1月28日~2月3日 防犯カメラ関連ニュース

大阪府警が防犯カメラを設置

大阪府警が大阪府内の交番全てに、防犯カメラを設置する方針を固めた。
警察官が襲われる事件が他県の交番で相次いだことから、同様の事件を防ぐために防犯カメラの設置が必要であると判断したようです。
来年度中に大阪府内の交番600ヵ所と、4つの鉄道警察隊分駐所の計604ヵ所に防犯カメラを設置する方針です。
24時間態勢で録画を行い、大阪府内の交番を監視します。
大阪府警では様々なシチュエーションを想定した訓練などの対策も進められています。

富山県警が仕切り付き交番建設へ

モデル交番として建て替える富山中央署奥田交番が不審者の侵入を防ぐために仕切り付きになる模様。
来訪者との間を防犯ガラスで仕切り、警察官襲撃を防ぐ。
また、リアルタイムで映像を送信できる防犯カメラも設置予定。
同交番では警察官が殺害され拳銃が奪われる事件が発生しました。この事件を受け、より一層のセキュリティ強化を目指します。

都営地下鉄が車内に防犯カメラ

都営地下鉄が防犯対策として駅構内、車内への防犯カメラ設置、ホームドアの整備を進めます。
防犯カメラの映像を解析し、不審物の置き去りなどを検知。アラームで駅係員に通報して速やかに対応します。
東京オリンピックに向けて駅構内の重点箇所を整備していきます。
車内へは順次、防犯カメラを導入していく予定です。

大阪の西成署で窃盗

大阪の西成署で捜査用の小型デジタルカメラを盗んだとして、大阪府警は大阪市西成区の無職の男を逮捕しました。同容疑者は小型デジタルカメラを上着ポケットに入れて盗んだ疑いがあります。
当初、署員は気付いていなかったが、署の備品点検で小型デジタルカメラの紛失が発覚。署付近の防犯カメラの映像で容疑者が浮上し、自宅を捜索したところカメラが見つかりました。
同容疑者は、欲しくて盗んだと供述しているそうです。

防犯カメラ効果!?犯罪件数が2割減

兵庫県加古川市の2018年の犯罪件数が、昨年比で2割減っています。
加古川市では2017・2018年度に1475台の防犯カメラの整備を進めており、一定数の犯罪抑止効果があるのではないかとしています。
加古川市は兵庫県内でも尼崎市に次いで犯罪率が高く、犯罪件数を減らすため2017年から小学校の通学路へ防犯カメラの設置を進めました。現在は駅や公園周辺など約1300台の防犯カメラが整備済みで、2019年3月までに完了する予定です。
防犯カメラの映像はすでに事件解決にも役立っており、権現ダムの湖で女性の遺体が見つかった事件でも、防犯カメラの映像が容疑者逮捕への一因になったとされています。

電柱への防犯カメラ設置を許可

北陸電力が防犯対策として、管内で保有する電柱への防犯カメラ設置を許可すると公表しました。
電柱への防犯カメラ設置を依頼できるのは警察や消防、自治体などで、個人や民間企業は依頼できません。
対象となる電柱は、北陸電力が石川県・富山県・福井県で保有する約60万本の電柱です。
北陸電力は、今回初めて防犯カメラの設置に電柱を開放します。

伊豆地区13市町に防犯カメラ

昨年6月に藤枝市の小学校近くで児童が切り付けられた事件を受けて、静岡県内で急速に防犯カメラ設置の動きが広まっています。
市学校教育課の担当者、学校現場共に不審者の侵入や犯罪抑止に効果を発揮することを期待しています。

宮司が賽銭を着服

三重県護国神社の宮司が賽銭を着服したとして逮捕・送検されました。
犯行の現場を防犯カメラが捉えており、関係者が警察に相談したことで着服が発覚しました。
この宮司は別の神社でも宮司を務めており、他にもやったと供述しているそうです。

インターホン男逮捕

高級住宅街を狙って空き巣をしたとして、兵庫県警は韓国籍の男2人を逮捕しました。2人は、インターホンを押して住人の不在を確認してから空き巣に入っていたとみられ、インターホン男と呼ばれ捜査されていました。
芦屋市の戸建て住宅に侵入した際、インターホンのカメラや防犯カメラに映っていたことから、事件に2人が関与しているとして逮捕にいたりました。
今年に入り、西宮市、芦屋市、神戸市の高級住宅街で手口の似た空き巣被害が起こっていることから、兵庫県警は関連の有無を調べています。

-防犯カメラ関連ニュース

Copyright© 防犯カメラを大阪・和歌山へ設置~イオンのせんだい屋 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.